PSK31の各バンドの微調整

2013-02-23      
 PSK31の本格運用に向けあれこれ勉強中なんですが、微弱信号で通信可能なモード故、発射する電波のピュアリティが重要なようで、ALCが振らない範囲・・・要はリニアリティの高い範囲で送信することに気をつけなければなりません。このモードでもQRPで行きたいという思いもあって、とりあえず送信電力5Wの変調出力が出るように調整しようと思うのですが、幸い50W機で5W程度しか出さないような運用を目指せば、送信経路での歪みにはあまり神経質になる必要はなさそうです。詰まるところ、PCから出力される変調音で「ALCが振らないような音量」を見つければよいということになります。

 ところが、このALCが振らない音量で送信出力を5Wに合わせるという調整について、TS-590の終段の広帯域アンプ特性がバンド毎に若干異なることがわかりました。CWモードでは1.8~50MHzの出力が大体一定になるんですが、やはりSSBのデータモードではPCからの出力が一定だといっても、終段動作を含めて各バンドのゲイン差が出てしまうのでしょう。そもそも、これを上手く抑えるのがALCの役割であるのに「ALCが掛からない範囲」を使うわけですからね・・・。

 とりあえず、今後の基準作りの意味で、この辺りの調整度合いをまとめておくことにしました。出力はSWR計+ダミーで測定(SWR計はPEP)、CWで5W出力の場合の指示より針1本分少ないように調整しましたので5Wを若干下回る設定です。まぁ、厳密な意味ではありませんが、「QRP≦5W」のおまじないのようなもんです



 矢印の先がダミーロード・・・やはり、あると便利な「周辺機器」ですね。

周波数
(MHz)
PWRスピーカ
MaxMin
3.520182624
7.030162624
10.140162624
14.070192624
18.100182624
21.070152624
24.910152624
28.070112624
※PC音量の「WAVE」は100固定

 この組み合わせは、TS-590のPWRを増やせばスピーカ音量を減らす・・・という格好になりますから、ベストチョイスがあるはずですが、ひとまず「13W固定」としました。これ以上の出力にすると、PCのスピーカ音量の増減がクリティカルになり過ぎるためです
 ALCが振らない範囲で5W出力となるスピーカ音量は、上表の通り幅があります。これは、ALCが振らなくて実際には少し掛かってしまっているところがあるものと推定され、「Min」で示した値で使った方が良さそうです。即ち、通常のスピーカ音量は「24」とし、14,18,28MHz帯での運用時にPWRを少しいじるといった感じにすればいいでしょう。

 ここまで測定しておいた上で未だ疑問に残っているのは、「PWRを50Wとして音量調整した方が、ALCが絶対に掛からない設定ができるから良いのでは」という部分です。先に書いたように、PCのスピーカ音量の設定がクリティカルになり過ぎるという部分を嫌ったわけですが、果たしてこれでいいのかしらん この辺り、実運用で通用するか否かを通じて確かめていきたいと思います。

 なお、この音量調整には「Fader Controller」というフリーソフトを使わせて貰い、音量の設定値を読み取りながら調整しました。もし、各バンドでアクティブに運用する場合は、コマンドプロンプトから音量設定できるソフトを使ってバンド毎の音量値を設定してやっても良さそうです。

 余談ですが、最近は1つのバンドでPHONE/CW/DATAという3つのモードを楽しむことができるよう、バンド切替スイッチが独立したタイプのトランシーバでは、バンドスイッチを押した時点で直前にそのバンドで運用していたモードと周波数に切り替わるのは勿論ですが、同じバンドのスイッチを押すと、さらにプリセットされたそのバンドのモードと周波数に切り替えられるタイプ(都合、同一バンドに3つのモードと周波数がプリセットできるもの)が多く、TS-590にもこの機能が付いており大変便利です。購入当初はCW運用のみのため、「何でこんな機能が・・・」と思っていたんですが、今となっては重宝しています

2013/02/24 パワー設定だけでいける音量ポイントを発見、表内の値と説明文を修正しました。

デジタルモード設定の覚書

2013-02-18      
 今日(またしても、厳密には昨日)は「宿題片付け日」の筈だったんですが、昨晩何となく手掛けて途中まで仕上げるつもりだったのが深夜2時半まで没頭。結局終わらせてしまい、その後 を1本空けて(結局飲むのね・・・)4時前に 10時半まで寝坊しましたが、この日曜一日は「ほぼ休息日」となりました。

 折しもARRLのコンテストの最中で、10/15mで数局「W」を聞きましたが何だか弱い・・・と思ったら、ちょいとA-Index高め。SSNも大したことがないためかあまりパッとしない様子で、早昼を食べた後は例によって「ホリデー国内QSO」に興じました。
 JCC/JCGで考えればまだまだおニューだらけの状態ですが、流石にここ5年余りの運用歴で「交信済み」の局も聞かれるようになってきていて、特に「いつも強い局」は本当に強いなぁ・・・何万KWだべか などと邪推を楽しみつつ、暫し40mで遊んでいました。

 一頻り呼んでは潰されたり、無応答の目に遭ったりして飽きてきたところで、そう言えば免許は下りているんだからデジタルモードに出てみてもいい訳やね・・・と思い立ち、7.030MHz付近を「HALPSK31」でワッチ。勿論、まだ作法が解っていないんでいきなりのQSOは無茶ですが、このソフトをもう少し遣い倒す必要もあろうかと思った次第です。
 確かに画面を見るわけですから「Watch」そのものなんですが、今日に限ってどういう訳か普段よく聞こえている(見えている)各局がおらず、RTTYが幅を利かせています。さらに、夕刻近くになったらいきなり「CQ TEST DE・・・」。2日目夕刻の40m米国狙いの各局が、徐々に「デジタル通信域」にはみ出してきました。

 ここでワッチは諦め、ちょっと送信してみようかなぁ・・・と考え、何気にぼんやりとPCのオーディオ設定とTS-590のメニュー設定を確認。まぁ、合ってなくても何か出るやろ・・・といじったんですが、変調が掛からないんです この時点ではまだ被疑箇所が沢山あったんで、取説を読み返したり諸OMのHPをサーフィンしたりして情報を集めれば何とかなるわい・・・といった程度だったんですが、どうしても変調が掛からない・・・。
 再度よく落ち着いて考えてみたら、USBに出力するルート・・・つまり、PCから送出されるオーディオ信号はUSB経由であり、こいつの出力設定は「USB Audio CODEC」の「音量」になりますから、これをいじらなきゃ出るものもでないわけです。TS-590の電源を落とす度にPC内蔵のオーディオデバイス(いわゆる「default」)に戻ってしまうため、結局これが上手く設定できていなかった・・・という顛末でした。
 ここを適正な音量に設定してデータ送信状態にしてからHALPSK31を送信状態にしたら、見事に「変調された波」が送信されました

 ところが、さらに難関が待っていました

 デジタルモードの扱いについてはあまり評判の良くないKENWOODですが、TS-590ではUSBコネクタの具備やデジタル専用のプリセット可能な「DATA」スイッチまで付いており、設定が手軽でない云々を除けばそれなりなデジタルモード機能を持っていると思っています。そして、PSK31に代表されるオーディオ帯域のデジタル変調では、扱うものが「可聴周波数の音情報」ですから、いわゆる「VOX」が使えるわけです。
 TS-590には、デジタル変調用のVOXがMICのものとは独立に付いており、この辺りの細かな設定メニューがあります。それぞれ意味を理解すれば別にどうってことはないんですが、取説に以下のような記述があるんです。

 「データ通信用端子から入力される音声を送信する場合は、ACC2 コネクターのPKS 端子をアクティブにするか、DATA SEND 機能を設定した[PF] キーにより送信状態にしてください。PC コントロールコマンドによるDATA SEND 指示も可能です。」

 これだけ読むと、折角の「DATA VOX機能」が使えないようにも読み取れますが、まぁそんな筈は無かろう・・・と思って関連メニュー設定。しかし、ちっともまともに動かないんです。
 一方、ネットには「TS-590の設定で苦労したんだよね・・・」といった記事は、少なくとも探した範囲には見当たらず、我がTS-590 でも「データ送信状態にしてから」なら変調が掛かっているわけですから、機能的に動いていないのはやはり「DATA VOX関連」に絞られますが、関係しそうなメニューはさほど多くなく、とりわけ「入力レベル」(変調音の大きさ)と「VOX感度」(VOX GAINと呼んでいます)については事細かにいじってもダメだったたため、「これはサポートにメールだな・・・」と、起きている現象について問い合わせフォームに細かく書き込んでいったんです。

 ほぼ書き終えて読み返していると、「そう言えば、MIC側のVOXは動くのかしらん」と思い立ち、購入以来SSBでは送信したことがなかったため、箱入りの新品マイクを出してきて「普通のVOXの動作確認」をしてみました。が、無論難なく動きます もう、メールを送るしか無かろうと、問い合わせ内容を最終確認してポチッとなしようと思ったんですが、何となく「MIC側のVOXは動いたしなぁ」・・・と思い、「DATA」スイッチを押してHALPSK31から送信。すると、何とキッチリ動き出しました

 今となっては何も証明できないわけですが、もしかすると「工場出荷後にCWしか使ってないと、初めてデジタルモードのVOX機能を使うと動かない」という疑いがあります(ソフト的には「初期化漏れ」の類)。勿論、ちょっとオカルティーな話ですし再現も不可能でしょうから流布するつもりはありません。結果オーライということで良しとしましょう

 備忘録として、ARUA-10とUSBオーディオ関連、及びTS-590のメニュー設定について貼り付けておきます。



 いやぁ、それにしても随分遠回りした感が否めません・・・が、まずまず充実した「ポッカリ日曜日」ではありますね

新しいモードを開拓しよう!

2012-07-22      
 TS-590のPC接続は、USBがそのまま使えて大変便利です。PCからのコントロールは勿論、デジタルモードへのチャレンジも簡単にできます。今日は、試しにRTTYとPSK31モードを受信してみました。

  まずは、TS-590とPCのオーディオ系をUSBで接続するのに必要なソフト「ARUA-10」をKENWOODのHPからダウンロード&インストールしてPCで試聴・・・勿論、簡単に接続できるのですが、オーディオの符号化・復号化に時間が掛かるため、リアルタイム系では使えません。ある意味、デジタル通信系用にあるようなものですね。

  そして、最初は「Ham Radio Deluxe」に付いていたDM780であれこれいじっていたのですが、PSK31の日本語であろう部分が化け化けになるため、JE4IVN/HAL OMの「HALPSK31」をダウンロード&インストール。音量を上手く調整する程度で設定完了となりました



  まずはRTTY。40mでコンテスト参加局をデテクトしてみましたが、信号が安定していると結構文字化け無く次々にキャラクターが表れます。

  一方のPSK31は日本語の交信です。



  このモードは元々通信速度が遅いことから、一文字一文字、ゆっくり復号化されていきます。また、そもそも占有帯域が狭いため、フィルタを狭くできるのも色々と好都合です。
  15mでは、それほどコンディションが良くなかったにも関わらず、YB,HL,UA0などの近隣がきちんとデテクトされました。結構賑わっていて、帯域を3KHz程度に広げると複数の局がいて面白いです PSK31は特にQRP向きだという話ですから、今後もう少し勉強して、ゆくゆくは本格的にチャレンジしたいと思っています。

  本業が通信ソフト開発関係だから思いが強いのかも知れませんが、優れたソフトのお陰でいろいろなことが手軽にできるなぁ・・・と改めて感心してしまいました。
Calendar
03 | 2018/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR