FC2ブログ

KX-1から解ること

2011-05-16      
 折角、手元にあるカップラですから、これもデータ収集材料としてみました。特に、コイルの部分。エアーダックスコイル使用の昔ながらの構成なわけですが、この直径と横幅、巻数から解ることを以下にまとめておきます。

 コイル直径:25mm
 コイル横幅:65mm
 巻数    :40回

 ∴ 最大インダクタンス 12.91μH

巻数SW位置μH備考
40回Aと3.5MHz12.91
29回B8.455MHz辺り
19回Cと7MHz5.38
10回D1.9710MHz辺り
7回Eと14MHz1.30
4回Fと21MHz0.54
2回Gと28MHz0.19

 バリコンは、ANT側が350pF×1、TRX側が350pF×2ですが、今検討中の「Lマッチでの整合」として片方のバリコン容量を最小にした場合、アンテナ側のインピーダンスが低い(概ね10Ω以下)と、3.5/7MHz辺りでは容量不足は否めないでしょう。この辺も、セラコンで容量を追加してみて実験するのもいいかも知れませんね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR