FC2ブログ

ブレッドボード風!?

2011-06-14      
 日曜は、家のこと以外はPICの実験ボード製作に没頭しつつも、あまり今回のカップラ製作だけにしか使えないようなものにしないようにあれこれ頭をひねっていました。
 実験ボード自体はべークの万能基板上に組んでおり、まぁ半分以上はでき上がったのですが、回路を固定しないためには何らかの「結線替え」ができるようにしておかなければならず、秋月の小さめブレッドボードを置いて、その上にノンプレッシャーのICソケットを乗せる「姿」を頭の隅で意識しながら、まだ比較的大きなスペースを空けてあります。

 ところが、いろいろ考える内に「そんなに抜き差しするか?」(=組み替えるのか?)という疑問が湧いてきて、要は簡易的な結線替えができる仕掛けを備えればよい・・・というところまで、考えがまとまってきました。



 昔、LM386NのSIPタイプを購入したときに一緒に買った「好きなピン数のところで折り取って使うICソケット」(本名が判らない・・・エコノミーピンフレーム)が手元にあることを思い出し、これをICソケットに差し込んで使うと、ちょっとした「BreadBordもどき」ができそうですね 上の写真で左側の28ピンのICソケットに2本刺さっているのが、真ん中にある「好きなピン数・・・」を1本折り取って刺している様子。このピンにビニール線をハンダ付けすれば、ジャンパー線のでき上がり・・・というわけで、この方法、案外良い感じかも知れません・・・と自画自賛

 まぁ、ブレッドボードも小さいので間に合うため、どっちが高い・安いは抜きにして、小型スイッチ(=買い忘れ)を買いに行くときに部材を一緒に買ってきて、実験ボードを完成させたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR