FC2ブログ

SWR検出部も再設計・・・

2011-11-23      
 あちこち見直すと、結構詰めが甘いわけです。遠隔君のSWR検出部も然り・・・。

 この記事では「結合度小→OPアンプで補う」という部分までは何となく掴んでいるわけですが、これもまた「適当」な感じ。そもそも、CM結合を嫌った(SWR検出部の挿入損失と低域で感度不足になる欠点を嫌った)ため別の方法を模索していたのですが、要は方向性結合ができればよいわけです。例によってあちこちHPを彷徨っている内に、-20dBカップラの応用でできそうなことが判りました。



 T1,T2を1:10の巻き数比にすると、T1が0.5Ω:50Ω、T2が50Ω:5KΩという結合になります。各々100倍差・・・20dBの結合で、それぞれ進行波・反射波のピックアップを行うというもの。ELECRAFTのT1(ATU)でもこの回路が採用されています。整流用のダイオードが少々古いのは手持ちの関係です

 この回路のFWD・REFにOPアンプを接続して「良い頃合い」の増幅をしてやれば、比較的損失が低いSWRの検出ができそうです

 ※ 2011/11/26 当初、FT-50-72としましたが、入手しやすいFT-50-77にしました。
 ※ 2012/02/16 後続のオペアンプ入力インピーダンスを考慮し、R3,4を100K→47Kに
             変更しました。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR