FC2ブログ

XC8のC言語のConfig設定(その2)

2013-01-19      
 XC8のConfig設定について、「ちょっとクセがあるぞ~」という覚書をしておきましたが、「#pragma config」を使った場合の設定値の反映について総ざらいをしておきます。

 ① 「#pragma config」では、2007番地と2008番地にある各種のビットを同時に設定できる。

  #pragma config WDTE = OFF, CPD = ON, LVP = OFF, MCLRE = OFF, FOSC = INTOSC

  ※ ピンクの太字は2008番地のコンフィグビット

 ② 「#pragma config」は、以下のように適当なところで複数行に分けて記述できる。

  #pragma config WDTE = OFF, CPD = ON, LVP = OFF
  #pragma config MCLRE = OFF, FOSC = INTOSC

 ③ MPLAB X IDEのデバッガ上、CPD=ONは設定反映されない。

 なお、MPLAB X IDE上でコンフィグビットを見るには、「Window ⇒ PIC Memory Views ⇒ Configuration Bits」で表示できます。英語ですが、きちんと整理されて見られて便利です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR