FC2ブログ

全市全郡、局数からの考察

2007-10-10      
 前振りの通り、少し考察を始めたいと思います。

 まず、目標と実際を併記します。
 
    <予測>         <実際>
 80m: 3局×3マルチ     1局×1マルチ
 40m:60局×45マルチ   41局×41マルチ
 15m: 5局×4マルチ     8局×8マルチ
 10m: 5局×4マルチ    14局×14マルチ
  6m:80局×60マルチ   48局×38マルチ
              合計112局×102マルチ=11,424点

 さぁ、この結果をどう読むか・・・ですが、直前の記事で書いたように、6&40mの局数の少なさにまずはが行きます。
  40mの目標値は、ちょっと欲張った感は拭えません。が、まずまずか・・・。40mオンリーで流した3H(09時~11時)は8局/1Hで、コンディション的に開けていたはずの05時から08時半まで寝てしまったのが、局数の伸びに影響したことは確か。無理して起きていた03時から05時が悔やまれます
 一方、6mは「いない」というか聞こえないと言うのが本当のところで、1H以上のロングランが事実上無意味という有様。勿論、聞こえる局は殆ど応答があって、40mのような空振りは無いのですが、これがDPと2eleの差なのか、本当に出場局数が少なかったのかが判らないと考察できません。でも、CQを出したら立て続けに3局呼ばれたのが印象的で、6mに限っては、夜食中等に遊びでCQを出すのも面白いかも・・・。

 また、15m,10mは予想が全く当たらず、流石にALL-JAとの「コンテストの主旨の差」を感じました。クラブ局の片隅に置いてある、あんまり呼ばれないけど暇だからCQ出しとくみたいな、何だかノスタルジックな風景を思い出しました。
 これらのバンドは、この季節ではちょっとEsには遅いため、例えば9月開催に変更するなど工夫すると、結構盛り上がるような気もします(9月初旬なら、10月よりは期待できますからねぇ)。
 また10mに関しては、ES全盛期の今年の5,6月に感じた、「10mは結構飛ぶね」という感覚・・・やはり、フルサイズのDPに近い動作で、放射効率は良いのでしょうね。

 80mは超ローカル1局に助けられました。都内某局が「QRZ」をくれるのですが更新成立ならず・・・まぁ、もちっとアンテナを考えてやらないとダメですね。

追記>
 さぁ、これに2mと70cmを入れれば、取り敢えずのシステム完成になります・・・。トランスバータの製作を画策中ですが、おっとその前に大物も控えていたんだっけ・・・。
 秋の夜長、漸く自作熱が戻ろうとしています。どちらを先にやっつけるのか・・・乞うご期待
関連記事
Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR