釣り竿君のさらなる改良案

2013-04-17      
 今回のJIDXでは、釣り竿君がメインアンテナのような役割をしましたが、40mと20mの行き来の度にコイルの着脱作業が煩雑だったことや、15mでも案外活躍できそうなことも判ってきましたので、この点の改良を少し考えてみようと思います。

 まず、コイルの無い状態で使いたいのは20mです。この時は「5.2mのワイヤー」といった形態で使いたいわけです。一方、コイルが必要な40mについては、5.2mのワイヤーを二分できるようにギボシ端子を入れてあるため、ここにコイルを挿入するわけですが、コイル自体をぶら下げてしまうと結構大きくたるんでしまうのと、少しの風で結構揺れて気分が悪いため、下の図のように装着しています。



 ここでこのコイルをショートできるようにすれば、何もいちいちコイルを外す必要はない・・・という当たり前なことに、何度かコイルの着脱をして漸く思い立ちました丁度矢印の先の破線部分だけが着脱できれば、取り回しが非常に楽になります。この工夫は簡単にできますので、近いうちにやっつけようかと思います。

 また、15mに関しては5.2mのワイヤーではちょっと長すぎるため、コイルの下部からカップラに繋がるワイヤーとして全長が3.4m程度になるような短いものを用意し、竿を数段伸ばし切らずに頃合いで調整してやれば、15mの1/4λのアンテナを形成できます。これも実に簡単ですね。10mも欲張ればできますが、夜中に10mをバンバン使うとは思えないんでねぇ・・・。
 ただ、5.2mのままでもカップラでSWR自体は落っことせましたから、ちょっと長めのワイヤーでも問題ないような気がしています。

 いやぁ、単純な作りのアンテナですが、工夫するところは結構あるもんですね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
[FC2 blog]
  • FC2 blog
  • [Renewal]
  • ブログ引越備忘録
  • Twitter
    Twitterボタン
    RSS Links
    QR Code
    QR