FC2ブログ

省エネなエレキーに電源スイッチ・・・の理由

2013-09-12      
 「半熟」のミニ・エレキーのプログラムを実はこそこそと修正し、ついに「もうすぐ完熟」というところまで漕ぎ着けました。

 メッセージキーヤ機能の入れ込みには、あまり好きでない「状態フラグ」を1つだけ使用、パドル操作から始まったのか、スイッチ操作・・・即ちメッセージーキーヤー機能をキックしたのかを判別させる方法で片付けてしまい、一昨晩までにデバッグが完了していました。言わばこれで「完熟」になったわけです
 ところが、たまに乗る近距離グリーン車(40分ほどの短い時間ですが、読書や考え事には最適空間なんで時々利用します)の中で「メモリが4つあると良いんだけどなぁ・・・」という考えに耽っていると、「立ち上げ時にメモリーを切り替えられれば、かなりのバリエーションのものができるじゃん」という閃きあり。

 今回作ったエレキーにはトグルスイッチ×1、タクタイルスイッチ×2の構成であり、全てのスイッチがOFF、1つだけON・・・という風に勘定すると、「8つのモード」で立ち上げることが可能になります。こうすると、例えば・・・

 ◆S&Pでよく使うメッセージ
  ・コールサインのみ
  ・59912P

 ◆Runする場合によく使うメッセージ
  ・CQ TEST DE ・・・
  ・TU 59912P BK

というように「2つのメッセージ」ではあるものの、その組み合わせを最大8通り選ぶことが可能になります。コンテストナンバーのポピュラーなものは、県ナンバー、市郡ナンバー、ZONE25くらいでしょうから、ひとまず上記◆の各々に3パターン、合計6パターンも用意すれば結構使えそうです

 そこで問題なのが、「省エネだから、電源スイッチ不要」としてしまった部分です。立ち上げ時にモード設定するためには、手軽にリセット乃至電源OFF/ONができる必要があります。まさか、メッセージ選択の度に電池ボックスの蓋を開けて・・・では手間にも程がありますからね
 ただ、一度成形してしまったケースにスイッチ後付けですから、かなり小型なものが必要です。早速、今日の外出の「昼休み利用」で秋葉原・・・秋月にはないだろうと踏んで、ヒロセさんでまずまずのものを発見。でもちょい高かったんで、さらに千石電商さん⇒鈴商さんと周り、マルツさんでいい案配のものを「適正価格」で見つけました。



 基板用の小型トグルスイッチです。買ったときはかなり小さく見えたんですが、いざ取付の段になったら結構窮屈で、ケーブルには退いて貰い、足の短い方の奴を使ってさらに足を曲げて何とか入るスペースを確保。エポキシ系のボンドに加え、基板からスズメッキ線で配線して補強しました。



 うん、まずまずフィット 待機電流20μAを誇るミニ・エレキーでしたが、立派な電源スイッチが付きました。立ち上げ時のメッセージ切り替え処理は難易度低・・・これを組み込めば、晴れて完成 と言えるでしょう。今日やっつけようか、週末やろうか迷っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR