FC2ブログ

カップラの軽い実験-前編

2011-05-15      
 少し前から、次なるアンテナについては「アンテナカップラ必須だろう」と考えて、あれこれ情報集めを始めました。これは、仮に短縮DPを再度建て直すにせよ、晴天・雨天のインピーダンスの変化に追随するためには、やはり何らかの「インピーダンス変換」が必要であるという部分に着目したわけで、未だに薄々「DPでも良いかなぁ・・・」と思案しているところ
 まぁ、この思案はともかく、最終的には「手元操作でインピーダンス変換できる」という言わば「リモート・カップラ」(で、こうなるときっと「遠隔君」という名前でしょうね)を作りたいわけです。雨の日も風の日も、もうベランダを徘徊せずに済むようにね

 さて、LW系を仮に立てるとした場合はカウンターポイズが必須。OM諸氏が苦労なさっている様を雑誌やWeb記事で見つける度に、どんどんと恐怖心が沸いていくわけですが、まぁ、軽く確かめておくことも無意味では無かろうと思い、ベランダの床面の端にアルミ線を7mほど這わせてこれをカウンターポイズと見立て、「ステルス君」を外した後の支柱にこれまたアルミ線(だって、近くの百均に売ってるんだもん)を張って、仮説LW+カウンターポイズを作りました。そして、我が遺産たるミズホのアンテナカップラ「KX-1」に登場願い、どんな案配かしらん・・・という運びに。



 流石に年季物、塗装がはげて錆が出てますねBCL時代の遺物・・・一時、50MHz用にタップを付け替えて(28MHzを潰して)使っていましたが、それとてウン十年前の話。元々のツマミが無いんで仮に金属製のツマミを使っていますが、バリコンのローターを直に触るんで、あくまで実験用に引っ張り出した次第・・・さて、結果は如何に
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR