FC2ブログ

カップラの軽い実験-後編

2011-05-15      
 何となく「上手くいくだろう」と勝手に思いながら、急造LWとカップラを接続しました。が、やはりトラブル発生・・・なんと、カップラのロータリースイッチの接触不良流石に年季物ですね。が、めげずにがちゃがちゃとスイッチをいじめ、何とかつながったところを見計らって調整・・・わざわざ出てきて貰ったばかりのKX-1には、ある意味酷い仕打ちです

 さて、この小実験では、思案中の「遠隔君」(おいおい、もう命名かよ)を意識しました。即ち、インピーダンス整合にのみ着目すると、カップラの回路上の構成としていわゆる「Lマッチ」を作ればよく、LとC・・・それぞれ1つずつを可変すれば済むような設計ができます。現に「Kシリーズ」で有名なここのATUの回路(T1やKAT1)などの「お手軽チューナー」にも採用されていますし、製作例もちらほら・・・。遠隔操作では操作対象部位が少ない方が有利ですから、チューニング範囲を多少犠牲にしても、Lマッチがよいかなぁと。
 そこで、送信機側(クラニシさんが接続されている側)のバリコン容量を「最小」にして、見かけ上「不在」としてもう一方のバリコンのみで調整しきれるのか・・・結果は



 一番よく使うであろう7MHzで1.2まで追い込めました写真上の方のバリコン、ローターが完全に抜けています。この状態でRigまで同軸を引っ張りちょいとワッチしたら、強い局がS9程度で入感していました。丁度昼ガレの時間帯ですから、ステルス君とあまり遜色がない程度かな

 以上、日曜日には好適の小実験でした。3.5MHzのお試し前に買い物へ行かねばならず・・・まぁ手応えはあったし、ご愛嬌ということで。追試は来週にでも

 そうそう、KX-1のロータリースイッチは1回路12接点なんですが、結構まだ売っていますね・・・今度直そうっと

カップラの軽い実験-前編

2011-05-15      
 少し前から、次なるアンテナについては「アンテナカップラ必須だろう」と考えて、あれこれ情報集めを始めました。これは、仮に短縮DPを再度建て直すにせよ、晴天・雨天のインピーダンスの変化に追随するためには、やはり何らかの「インピーダンス変換」が必要であるという部分に着目したわけで、未だに薄々「DPでも良いかなぁ・・・」と思案しているところ
 まぁ、この思案はともかく、最終的には「手元操作でインピーダンス変換できる」という言わば「リモート・カップラ」(で、こうなるときっと「遠隔君」という名前でしょうね)を作りたいわけです。雨の日も風の日も、もうベランダを徘徊せずに済むようにね

 さて、LW系を仮に立てるとした場合はカウンターポイズが必須。OM諸氏が苦労なさっている様を雑誌やWeb記事で見つける度に、どんどんと恐怖心が沸いていくわけですが、まぁ、軽く確かめておくことも無意味では無かろうと思い、ベランダの床面の端にアルミ線を7mほど這わせてこれをカウンターポイズと見立て、「ステルス君」を外した後の支柱にこれまたアルミ線(だって、近くの百均に売ってるんだもん)を張って、仮説LW+カウンターポイズを作りました。そして、我が遺産たるミズホのアンテナカップラ「KX-1」に登場願い、どんな案配かしらん・・・という運びに。



 流石に年季物、塗装がはげて錆が出てますねBCL時代の遺物・・・一時、50MHz用にタップを付け替えて(28MHzを潰して)使っていましたが、それとてウン十年前の話。元々のツマミが無いんで仮に金属製のツマミを使っていますが、バリコンのローターを直に触るんで、あくまで実験用に引っ張り出した次第・・・さて、結果は如何に
Calendar
04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR