FC2ブログ

カップラのコントローラー側の覚え書き

2011-05-20      
 カップラのリモート制御において、バンド切り替えに追随して記憶しておいた「SWR最下点」に切り替えるためには、今、どのバンドを運用中か知る必要があります。

 実は 以前に、我が愛機のACC端子のバンド切り替えに関する仕様を知りたくて、ICOMの窓口に問い合わせたことがあります。その時の質問の主旨は、トランスバーターの製作を目論んでいたため、「バンドが50MHzであることを知りたい」ということだったのですが、IC-703のACC端子(端子⑤の 「BAND」)で1.9MHz-28MHzは、バンド毎に異なる電圧が出てくる(って、表現は変かな・・・)のは良いとして、何と、50MHzに限っては 「不定」 要は、このバンド切り替えに関するIC-703自体の仕様も、リモート式のHFメインなカップラ制御用のおまけ的な存在なんですよね。まぁ、今回は助かっちゃうわけですが・・・。

BAND出力電圧
1.98.0
3.56.1
75.1
100.0
144.1
18/213.1
24/282.1

 コントローラー側(多分、Rigの横に置かれるんでしょう・・・)では、この電圧の差による「運用バンドの検知」が必要と言うことですね。

 さらに、以下のようなスイッチ類が必要でしょうか・・・。

 ① 電源スイッチ
   >OFFでカップラはスルー

 ② キャリブートスイッチ
   >押すとキャリアが出る・・・これ、一工夫必要そう・・・

 そして、SWR最下点の表示・・・これはLEDで良いかな

リモート操作を考えよう

2011-05-20      
 前々から使ってみたいデバイスに「PIC」があります。おいおい、今更かよ・・・といった感じですね数年前の「自作熱」の際にPICライタまで買い込んで、アセンブラでいろいろプログラムの構想を練ったりしていましたが、結局何もせず終いでした。

 今回のアンテナカップラ製作のコンセプトは、「座ったままバンド切り替え」という至極当たり前のことを実現すべく苦労するわけですが、市販の素晴らしい「ATU」とは一味違った形で実現したいなぁ・・・というちょっとした「冒険」にもしたいわけです 大凡の実現仕様を並べると、以下の通りです。

 ① 一旦キャリブレートしておくと、バンド切り替え毎には一発でSWRが落ちる
   >つまり、「メモリ機能」が必要なのか

 ② キャリブレート時は、パワーをできるだけ絞りたい
   >これはATTをかますということか

 ② SWRが下がっていることを監視できる
   >反射波を電圧で読み取るのか

 ③ できるだけ少ない制御信号でリモート制御できる
   >シリアル通信

 我ながら、できるかどうかは不安ですが、まぁ冒険心、冒険心・・・考えるのは「タダ」ですからね そして、これらの実際の制御をPICに任せると・・・う~ん、いつ出来上がるのかが不安だなぁ
Calendar
04 | 2011/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR