FC2ブログ

ALL JA 2014の反省など

2014-04-29      
 反省という言葉には、何か悪いところを顧みて・・・という意味合いが強いんであまり好きな言葉ではありませんが、ひとまずこのタイトルでいきましょう。

 ◆ 交信局数からの振り返り

 百聞は一見にしかず・・・ということで、お決まりの各バンドの局数・マルチと推移のグラフを。



 夜中の猛攻は、何といっても「80m の大量交信」に尽きます。軒先の短縮率25%にもなるワイヤーアンテナで、80を超えるQSO数に至るとは思いませんでした。昨年との比較でほぼ倍増な上に、マルチも35とはねぇ・・・。
 同じ夜明け前までの40mには丁度01時台にオンエアし、ここも結構なハイペース(28QSO/H)で交信できています。このくらいの時間帯になると、ランしている局を呼べば交信成立という格好に落ち着きますから、オペレーション・テクニックとしては「CQ送出局のコールサインを如何に一発でコピーできるか」という部分で差が出そう・・・まだまだ精進が要りそうです
 昼間帯はハイバンドのコンディション次第・・・ということで今年は若干不発気味。20mでは比較的広範囲にQSOできていますが、それ以上のバンドはNG。まぁ、これはある意味「ALL JAらしさ」でもありますね。
 19時以降の突出したQSO数は40m。序盤を80m重視にしたため、未QSO局がワンサといたわけですが、釣り竿君が突き出せるラスト2Hという限られた時間では、流石に「拾いきれなかった」という部分もありそうです。しかし、40mのQSO数が100超に至ったのにはちょっとオドロキ・・・っていうか、素直に嬉しかったり

 それにしても痛いのは6m ここ何回かはロッドダイポールを愛用していますが、そもそもこいつはどうなんだろう・・・と、ちょっと過去ログを分析。すると、スタートダッシュで18局/H(2012年のACAG)というのが最高記録であることが判明しました。つまり、「もう少しイケてたじゃん・・・」という買いかぶりが6mにはあったようで、本質的な見直しが必要だということになるでしょう。

 ◆ 主軸をローバンドにするためのさらなる一手

 80m/40mの実力が段々と判ってきたところで、闇雲なバンドスイッチではなく「意味あるスケジューリング」を考えておいた方がよさそうです。

 当初は、開始直後の混雑⇒潰し合いを極端に避けて考えていましたが、どうやら「250Hz戦法」・・・DSPでCWの帯域を絞り込み、ドンピシャで呼んでいけば、ある程度「QRPは弱いからQSOできない」という当たり前が、当たり前ではなくなるようです。昨今のリグの高性能化が醸し出す妙味とでも言ったらいいんでしょうかね・・・。
 今年は22時半過ぎに早くも80mへ。もう少し細かく見ると、22:36 から22:58 までの都合23分で11QSO・・・結構なハイペースで交信成立しています。これが40mだったら・・・この点が経験的に知らない部分です。
 先の記事に記したようにMUFの日変化は、コンテスト開始から夜明けに向かって下がる傾向であり、どちらかというと早めの時間に40mへQSYできた方が、マルチ獲得面で有利そう。ということは、6mスタートダッシュの次にQSYする周波数帯は40mが良いように思います。秋の全市全郡辺りでお試しもアリかな・・・とは思うものの、2m/70cmはどうなるんだぁ

 ◆ 20mと6mのQSO効率を高めるアンテナの工夫

 2012年からの参戦で必ず6エリアを中心としたマルチ獲得ができる20mについて、今年はステルスくん内蔵の短縮コイルを使った「ド短縮DP」で参戦しました。まぁ、結果的にはこれでも良かったわけですが、もう少し効率の良い形に持って行くことは「ベランダ内」であってもできそう。ワニ口+ビニール線+短縮コイルという格好で造作し、約8mある我が家のベランダをフル活用すれば、少しはマシになる気がします。
 6mは先にフライングして書いてしまいましたが、ロッドダイポールの見直しは勿論、もう少しチャレンジする余地は残されています。国内コンテストでこのバンドは必須バンドになっていますから、本腰を入れて再考しないと・・・。

 ◆ 符号送出に関わる改善の検討

 些か取り辛そうなサフィックスの文字間について、適正な「単点3つ分」よりも気持ち長めな間隔の符号を送出しようとも思います。こればっかりは「正解」は無いわけですし、或いは逆効果かも知れませんから「実験的に良い頃合いを見つける」ということになりそうです。皆様のご協力をお願い致します(って、おい
 また、当分はCTESTWIN のご厄介になるものと思われますが、今回はCQランニングでも収穫がありましたので、この部分を効率よくするためにもCQ自動送出に纏わる部分を、運用し易い形に持って行きたいと思います。

 ◆ 円滑なアンテナ切替方式の検討

 よく考えてみたらコンテストの際にだけ、アンテナ切替がスムーズにできるような仕掛けが必要なわけで、常に準備しておくようなものとは離して考えればいいんだ・・・と、今更ながらに気づいてしまいました 機能的には以下の通りです。

 ・アンテナ切替
 ・SWR検出
 ・アンテナとのSWR整合

 今の形態では、80,40,20m(時に15m・・・滅多に無い)に釣り竿君を使う場合には必ずカップラ(TYPE-Ⅲ)による調整が必要ですが、この部分だけでも「ワンタッチ化」ができれば、かなり効率よく運用できるようになるでしょう。この辺りも欲張らず、さらに段階的な工夫をしていきたいと思います。

 結局、毎度課題が生じますが、これらを来年活躍への原動力にしたいと思います。

20mオープンと夜中のローバンド@国内コンテスト

2014-04-29      
 今年のALL JA の結果分析の前に、好調だった20mの裏付けとローバンドの傾向について書き残しておきましょう。

 以下の図は、NICTの電離層概況から引っ張ってきています。



 ピンクの縦線で囲まれた部分がコンテスト時間帯を示しています。自分が「Cool,20m」と感じた時間帯はピンクの丸で囲った時間帯そのもの。F2伝搬の日変化ピークとEスポが丁度重なった感じで、「ふわふわと弱いなぁ・・・おや、急に強くなってきたぞぃ・・・」といったことを延々と繰り返していた様に記憶しています。また、主にQSOできたのが九州と四国ですが、最近距離は兵庫や和歌山辺りの直線距離500Km程度の局、時間帯が12-13時頃でした。
 自分のQTH(千葉県北西部)から500Km程度の距離の局とEスポでQSOできる条件を考えてみると・・・

 ・ 相手局までの距離を500Km、Eスポの高さを100Kmとした場合の電離層入射角:約22度
 ・ そのときのEスポの臨界周波数を8MHzとした場合のMUF:約21.3MHz
 ・ TOFを考慮した場合の最高通信周波数:約18.1MHz

 なるほど、20m(14MHz帯)は、結構イケイケな状態だったわけですね。さらに、15m(21MHz帯)となるとこの近距離は難しく、もう少し遠い距離(九州辺りの800Km程度)しかQSOは難しいことも解ります。同様に計算してみましょうかね。

 ・ 相手局までの距離を800Km、Eスポの高さを100Kmとした場合の電離層入射角:約14度
 ・ そのときのEスポの臨界周波数を8MHzとした場合のMUF:約33.1MHz
 ・ TOFを考慮した場合の最高通信周波数:約28.1MHz

 10mでもギリギリOK・・・我が軒下ステルス君ではちょっと厳しいかな・・・といった具合でしょうか。ただ、コンテスト当日は20mに張り付いていたため、結果的に15mの交信機会を逃していることは明白ですね。

 さて、図中のコンテスト前日の夜間帯に青い斜め矢印を引きましたが、これは何でしょう・・・って、クイズにしても仕方が無いんですが、これこそ「国内コンテストにおけるローバンドのスケジューリングのヒント」になります。

 国内メジャーコンテストの開始時刻である21時を起点に考えてみると、F層の臨界周波数は日の出に向かって下降していきます。そして、01時頃には40m(7MHz)辺りにまで落ちてきます。勿論、実際のQSOで真上に電波を打ち上げる・・・と考えるのはおかしいんですが、近距離(といっても、見通し距離ではあまり電離層は関係ありませんよ)では電離層への入射角が大きくなりますから、徐々に弱まってくると考えて良いでしょう。
 ところが、この傾向に余り左右されないのは80m。そもそも3.5MHz帯ですから、日の出が近づかない限りは大丈夫、比較的安定していると考えて良いでしょう。

 こんな風に考えると、40m/80mへのエントリー時間の組み合わせが見えてきます。果たして、今回のALL JA では・・・どうやら、良いチョイスはしていなかったようです

 さぁ、「ALL JA の大反省」へと続けましょうか・・・。
Calendar
03 | 2014/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR