FC2ブログ

10,000,000分周の1PIC化

2019-06-19      
  タイトルの件は半年以上前に2つのPICで片付けていることなんですが、旧ローカルさんに「CLCを使って1PIC化できるよね」とアドバイスを頂き、手が空いたら何とか1PIC化を試してみようと思っていた宿題です。そして、使用するPICF16F18313・・・いわゆるPIC16F1シリーズ(5桁PIC)はタイマやCCPモジュールの仕様が改善していることから、これらの機能を上手く使うと「もう少し簡単にできるんじゃなかろうか」と当たりを付け、近年無かった会社の忙しさの中で、毎日帰宅してからちょっとずつ実験をしていました。

 まずは条件・・・今回の必要スペックは、10MHzのクロックを1千万分の1に分周して1Hzを得ること、さらに作りかけの周波数カウンタで使用するプリスケーラの分周比(1/64)に対し上手くカウントできる”1.5625Hz”を出力できるようにすることが必要です。この周波数の切り替えには1つのポートをスイッチ代わりに使いますが、この辺りはI/Oポート処理の話で難儀なことはありません。

 一方、周波数の分周には考慮の為所があります。このICは6ポート(RA0~5)を具備、その内1ポート(RA3)は入力専用です。つまり、このポート以外は双方向に使えます。さらに、外部から10MHzの基準クロックを貰うとすると、RA5はこの役目を果たす必要があります。
 残り4ポート・・・まぁ数的には全く問題ありませんが、個々のタイマの分周能力を考えると最低2つ、何れかのポートを使ってをシリアルに接続して動作させる必要があります。

 さて、PIC16F18313には旧来の”Timer0”とは仕様が異なる”New Version”が搭載されています。

 ・8ビットのカウンタが拡張され、16ビットでも動作させることが可能
 ・8ビットのカウンタ2つ(TMR0HとTMR0Lの比較)で「ソフト手間要らず」の周期カウンタを構成可能
  ⇒その上、指定したピンに出力ができる

 最後の「
指定したピンに出力ができる」・・・が実はミソで、この機能はCCPモジュールでCompareモード(Timer1を使用)、PWMモード(Timer2を使用)でも同様に出力指定したピンにクロックが出せますから、組み合わせは様々に考えられます。ただ、分周出力の拡張性を考えると、16ビット動作が十八番のTimer1を組み込んでおいた方が有利です。
 最初は「Fosc/4⇒Timer2⇒Timer1⇒1Hzを出力」と考えてあれこれ弄ってみたんですが、どうも上手く動作しない
 そこで、「Fosc/4⇒Timer1⇒Timer0⇒1Hz」という流れにしたら上手く動かすことができました。

 自分的備忘録として、もう少し詳しく記しておきます。

 ① Timer1のクロックにFosc/4を入力
 ② Timer1のプリスケーラで1/8
 ③ CCP1H:Lに15625分周(15625-1)を設定
 ④ Timer1を使ってCCP1をCompareモードで動作させる
   ⇒一致時にTimer1をクリア、トグルするモード(1/2)
 ⑥ TMR0H:TMR0Lを2:1に設定(1/2分周)
 ⑦ ポストスケーラで1/5分周


 ∴これで1Hz

 Timer1の出力とTimer0の入力は1ポートで賄えるため、結構経済的にポートアサインが可能です 今回は分周機能と1Hz/1.5625Hzの切り替えだけですから、4ポートで実現できてしまいました。個々のタイマを同期モードで動かすことを忘れないように



 実験風景です。上方のソケットに刺さっているのは10MHzの発振器、下方がPICです。クロックはRA5に入れ、RA4をTimer1とTimer0との接点、RA2が出力です。RA0がクロック切り替えポート。

 得られた波形はこんな感じ。



 下の青い方が1Hzの立ち上がり、黄色が10MHzクロックです。これで安定していますから、恐らく上手くいった・・・ってことで、青い方の波形は如何に



 まぁ、ざっとこんな感じになりました。

 今回は1Hz出力を狙いましたが、実はTimer0の分周はたったの「2」ですから、少なくともあと1/100はイケます。即ち、0.01Hz・・・100秒のクロックを作ることもできます。

 と、言うわけで、どうやら”宿題”は片付きました。さぁて、作りかけの周波数カウンタはどうしよう

Eスポ交信の妙味と6mのモビホ

2019-06-15      
  先々週に仕事でちょっとしたトラブルが発生、それ以来かなり忙しくなりました。本当は今日、休日出勤も覚悟していましたが、結果的に休みになったんで、朝も早うからブログ書き・・・って、もう昼前ですね

 数年間、全く以て普段のQSOは行わなかったどよよん無線局長がたまたまGWに”出来心”でオンエアし、6mの幾局かに拾って頂いたのに味を占め、週末は6mをよくワッチするようになりました。

 先週末の日曜日(6月6日)はJD1の移動局とQSOすることができました。我が”Poor”な設備にして599で入感していましたから結構なパイルを醸し出しているお相手に対し、「単にゼロインして呼んでも難しい」と判断して、「ちょっとズレて呼んだ局の後にその局にゼロインして呼ぶ作戦」を発動すると一発でコールバック有り QRPも工夫次第よのぉ・・・と悦に入っていました。

 こんな感じで交信記録(Hamlog)が埋まっていく中、時折SWRが跳ね上がることに気付いてアンテナ周りを見直すと、流石に放りっぱなしの同軸が痛んできていました。そろそろベランダのアンテナからの引き込み系を一新する必要がありそうですが、ひとまず応急処置。梅雨入りを過ぎて雨模様が多くなりますが、近いうちに本処置をしたいところではあります。

 6mのアンテナはモビホを使っていますが、恐らくこのブログに詳細を記したことはないと思いますんで(1千近くの思いつき記事アップに至り記憶に自信がなく・・・)、記録としてスナップをアップしておきましょう。



 手前に写っているステルス君の支柱の方が目立ちますが、コメットの”SB-15”を使っています。このスナップには西南西の方向が写っていますが、ご覧の通り幾つか10階建て程度のマンションが見えますね。まぁ、入射角が高いEスポには余り支障がありませんが、グランドウェーブはイマイチであることはお判りでしょう。
 上方の天井との間隔は20cm余りですから影響はあると思っており、或いはもう少し短いものの方がいいかも・・・と思いつつ、まぁこれでもそこそこ飛んでいます。逆に1.5mのホイップですから6mの1/4λはフルに確保できており、放射効率的にはまずまずでしょう。



 給電部のクローズアップです。左方向に伸びているビニール線は、凡そ1.5mのラジアル・・・これだけでSWRはかなり低くなります。同軸にパッチンコアを装着したのは最近ですが、これによりさらに反射波(コモンモード)が小さくなり、SWRは1.1程度に保証されます。
 このコアは秋月で販売されている”LF-102B”です。カタログスペックでは、50MHz辺りで200Ωくらいのインピーダンスであり、2連で400Ω程度・・・”パッチン挟み”でバランとして使うにはかなり力不足。できればフェライトコアのFT144-43に3,4回巻き程度が欲しいところですが、スナップの通りでもかなり挙動が安定しますから、お守りのつもりで入れています。

 思い返せばこのアンテナ&5Wでお隣HLを始め、DU、V6(Micronesia)、9M6(East Malaysia)、VKとQSOできています。最近は、SSN的にDXのCONDXはイマイチですが、EスポのマルチホップやTEP(赤道横断伝搬)はあまりSSNと関係ない部分もありますから、こんなアンテナでも国内に限らずDX-QSOのチャンスもありそうです。

 以上、ちょっぴり”無線通信士”っぽくなった近況と、ベランダの6mモビホのご披露でした
Calendar
05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR