FC2ブログ

遠隔君の実現機能とPIC実験計画

2011-05-22      
 遠隔君・・・アンテナカップラの遠隔操作ということで、ANT側とRIG側各々の実現機能についてまとめます。

 ◆ ANT側

  シリアル通信によるRig側(制御側)からのコマンド指示に従って以下を行う。

  (1) 電源ON/OFFに連動したANTスルー(リレー×2)
    通電時にリレーONでカップラ回路側へ切り替える(電源OFF時はスルー)。

  (2) 受信したリレー切替コマンドに基づく以下のリレー切替制御

   ① VCの切替(8ビット:256通り)
   ② Lの切替(6ビット:64通り)
   ③ πマッチ用Cの切替(2ビット:4通り)
   ④ 入出力方向の切替(1ビットでリレー×2)
   ⑤ 小電力調整用ATTのON/OFF(1ビットでリレー×2)

  (3) SWR測定に必要なA/D変換
     SWR測定コマンドを受信した場合、進行波をAN1、反射波をAN2より
     入力して電圧を測定し、その値を返す。
     >とりあえず、SWRの計算は制御側でやることにする。

 ◆ RIG側
   IC-703のAT180端子(7P-DIN)アクセサリー端子に接続し、ANT側の
   必要な切替処理を行う。

  (1) 運用モード

   ① バンド切替時(IC-703がバンド切替を行った旨検知した場合)
     識別したバンドに基づき、プリセットされている切替情報を基に、リレー
     切替コマンドを送出する。

   ② 送信状態
     必要に応じて、SWR測定コマンドを送出できる。

  (2) チューニングモード

   ① 送受信状態共通
     ロータリーエンコーダの指示に従って、ANT側(2)の①~④の調整を
     行う。
     >このとき、初期値はプリセット値を起点として行う。
     >チューニングモード時にバンドが切り替わった場合、運用モードに
      強制的に移行する。

   ② 送信状態
     以下のコマンドを送出できる。
     ・ SWR測定コマンド
     ・ 小電力調整コマンド(リレー切替コマンド)

 その上で、PICで実現する機能的な面で必要な「事前実験」を羅列してみます。

 ◆ A/D変換
   ANT側のPICに具備し、SWR計測に必要は進行波・反射波の電圧を
   測るために必要。

 ◆ コンパレータ
   IC-703のバンド切替電圧によるバンド検知に必要。

 ◆ USART制御(PIC-PIC対向通信)
   Rig側(制御)とANT側(リレー切り替え・SWR測定)の間の通信処理は、
   シリアル通信で行う。
   >デバッグ用に、PC接続も意識した方がよいかも・・・。

 ◆ LCD表示とロータリーエンコーダ制御
   理屈は解っているんで、結線ミスがないようにすれば、あとは本チャン機
   (Rig側)の「プログラムデバッグ」で十分かと思うが、頻繁な抜き差しは
   どうもねぇ・・・。

 さぁ、給料日過ぎたら暇を見つけて、或いは外出の帰りに(こっちが本命かな)秋葉にGo
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
05 | 2020/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR