FC2ブログ

PICコンパレータの訂正

2011-05-23      
 昨日、PICのコンパレータについて「内部リファレンス電圧が2CHのコンパレータ双方に供給される」という結論でしたが、やはり・・・というか、もっと様々な設定ができることが解りました。要は、たまたま手にした「PIC16F648A」は、よく参考資料に載っているタイプの「CMCON」しかない、8種類のバリエーション(一つはコンパレータを使わない・・・です)のものですが、たまたまチョイスした「PIC16F689」は2個のコンパレータが独立に、しかも内部リファレンスを電圧も「片方」に供給できるような仕様になっていました。

 コンパレータは簡単な検出にも使えそうですから、今回経験しておくことは無駄ではないでしょう。どこかのHPに「マニュアルを舐めるように読め」と書いてありましたが、まさにその通りでした・・・ということで、昨日の記事の当該部分に訂正線を引いておきましょうかね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR