FC2ブログ

全市全郡2011結果

2011-10-10      
 何とかギリギリ間に合わせた今回のコンテスト・・・その結果もまぁ予想通りというか、何というか・・・。

20072011
局数マルチ局数マルチ
80m110
0
40m414158
53
15m887
7
10m14143
3
6m48384434
11210211297
得点1142410864

 局数が図ったように同じ そういう意味では、考察が楽ですね

 まず、オンエア時間ですが、これもかなり結果に影響があったような気がしています。2007年のQSOログと比較してみましょう。

 2007年:QSOログを見ると、03:35-08:55は仮眠時間になって
       います。21:00開始から03:35までのQSO数は53局
       ですが、40mが開けてくる05時くらいからオンエア
       できていないところが痛かった・・・と結論したわけです。

 2011年:上記を踏まえ、仮眠時間を前倒しするつもり・・・だった
       のですが、どちらかというとQSO相手が居なくなって
       しまった感じでした。
       QSOログより仮眠時間は01:23-06:56で、その長さは
       2007年とほぼ同じ具合。もう少し早く起きるはずが、
       やはり・・・というか二度寝してしまい、その分はロスって
       います。
       01:23までのQSO数は34局。たまたま2007年にも
       01:23にQSOが成立していて、21:00開始からの
       QSO数は36局でしたので、ほぼ同じペースだったと
       みてよいでしょう。

 さて、各バンドの考察をしてみます。

 ① 80mは、まぁ仕方がないです。ステルス君2号のエレメントを
   途中でショートさせて片端を80m用エレメント、ベランダに適当に
   這わせたアルミ線1本+αをカウンターポイズに見立て、KX-1で
   SWRを下げる・・・という芸当で挑み、7エリアからサフィックス
   のみのコールバックあれど、QSOに至らず

 ② 40mは他のバンドのオンエア時間を完全に凌駕して居座った
   こともあり、その分局数・マルチを稼いだことになります。ただ、
   2007年とのCONDXの差なのか、6,8エリアまでなかなか
   届かず・・・。2007年と言えば、太陽活動の最低期ですから、
   この辺りが関係するのかしらん

 ③ 15mは、まぁ予定調和というか、オンエア時間の割には予定数に
   ほぼ届いた感じ。10mは急造DPをワニ口クリップで着脱すると
   いう芸当が必要だったため、正直捨ててかかってました

 ④ 6mもまぁ、想像通りの局数ですが、これも10mと同じようにワニ口
   着脱が結構手間で、出始めたら居座る・・・といったオペレーションに
   なってしまいました。2007年の覚え書きにもありますが、やはり
   専用のANTを上げて切替器で・・・といった運用が良いかな

 40mは躍進といって良いのですが、2007年と今年のオンエア時間差である「朝方の2H」で17局増量をどう見るか・・・ですね。ステルス君2号の登場で、減衰量は明らかに改善したはずなんですが、オンエア時間もCONDXも違うんで、結局比較はできませんねぇ

 蛇足ですが、ここ10年ほどのコンテスト結果はJARLのこのページの下方にありますが、参加局数が減っている様子は見て取れませんので、まだ暫くは楽しめそうですね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
08 | 2020/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR