FC2ブログ

PIC内蔵タイマについて

2012-01-01      
 LCメータ作成難航の裏で、タイマの使い勝手が色々と解ってきました。備忘録としてまとめておきます。

 ・タイマ#0
  T0CKIからカウントしたい信号を入れることができるが、
  内蔵バッファがシュミットトリガのものもあるため、カウンタ
  入力としては好都合。
  但し、プリスケーラは周波数カウンタ用途にはちょっと
  使いづらく、結果的にプリスケーラは使わずに256カウント
  毎のオーバフローをルックインするソフト処理が必要。

 ・タイマ#1
  T1CKIを用いたカウンタの構成以外に、CCPモジュール
  との連携(コンペアモード)で逆に「プリセットした時間が
  経過した後のポート出力(ON/OFF)」ができ、これで外部の
  ゲートをコントロールすると正確なゲートが作れるが、
  出力状態がラッチされるため、この解除には「CCPリセット」
  が必要。

 ・タイマ#2
  USARTなどを使わないと活躍の場が無さそうだが、単純な
  タイミング生成などには有効。LCDの初期化/表示時の
  msオーダの時間生成は比較的簡単であり、使い方次第。
  また、PWMモードでデューティ比50%の波形出力を上手く
  使うと、周波数カウンタの外部ゲートコントロールが可能。

 また、もっと新しいPIC16Fシリーズ・・・例えばPIC16F1823などのタイマ#1には、お誂え向きにタイマ#0のタイムアウトによるゲートコントロールが付いています。LCメータや周波数カウンタの作成にはこちらの方が便利そうですね
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR