FC2ブログ

コンデンサ減らし・・・ならぬリレー減らし!?

2012-02-19      
 遠隔君の基板実装を考えている最中なのですが、秋月の27×36穴の基板にリレーやコイルを埋めていくと、結構手狭なことが分かりました。まぁ、見るからに無理っぽいんですが でも制御部を除いて、何とか乗せたいわけです。そこで、少しでも部品点数を減らすために、どうせ調整しなければならないRIG側のコンデンサ値について、「合成容量」を上手く使った「コンデンサ減らし」を画策しました。

C0:2860pFC1:1430pFC2:1000pFC3:715pF
固定トリマ固定トリマ固定トリマ固定トリマ
C7
+2000pF
+220pF
+47pF
60pFC7
+1000pF
+33pF
60pFC7
+470pF
+150pF
40pFC7
+330pF
40pF

C4:553pFC5:477pFC6:402pFC7:357pF
固定トリマ固定トリマ固定トリマ固定トリマ
C7
+150pF
60pFC7
+100pF
40pFC7
+22pF
40pF330pF40pF

 トリマの耐圧を考えると、素性が判っている秋月のもの(耐圧220VDC)が前提になること(最大60pFまで)や、セラコンの容量の刻みの制限で上手くない部分もあって、数減らし自体はままならず・・・なのですが、上記のように「C7を必ず使う」という芸当を使うと、カップラをスルーにする時以外は「常時C7をつなげておいても行ける」ということになり、こちらの方が断然収穫 2回路のでかいリレーが1つ、1回路のものになりました

 早速、例の「絵図」も書き換えておきましょう。

 ※ 2012/02/21 コンデンサの組合せを精査しました。
 ※ 2012/02/23 コンデンサの組合せを「手に入れ易いもの」で再精査しました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Calendar
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR