FC2ブログ

タヌキワッチで想うこと

2007-06-13      
 急に高邁な内容になるが、このところ感じていることを書き留めておきたい。

 「科学」を持て囃す時代に育ったからかどうかは解らないが、田舎のトイレの、あの頼りな気な明かり(逆に暗がりを強調するようなボヤっとした光)を灯す電球のワット数にも満たないような電力で、何百キロも離れた所に住まう人と、いや努力すれば地球の裏側の人までも「ほんの少しの時差で意思疎通ができるんだ」という不思議さを頼りに、この趣味に対する情熱を失わなかった。勿論、自分自身の私生活においても、趣味なんぞ「糞喰らえ」の時期があったし、苦労の末に得た「余裕」にも人それぞれ雲泥の差があって、これを一つの括りに押し込めること自体がナンセンスであるが、それでも心のどこかに「無線の不可思議さ」みたいなものを、個々人の環境や設備の差を置いて、今 OnAirされているOM諸氏には共感して貰えるものと固く信じている。

 設備や状況さえ整えば、より多くの、そしてより遠くの同士と交信できるということは、紛いもない事実であるし、例えば、DXを追いかけるために高台にシャックを設え、一般人から見れば「異様」な長尺の金属パイプを空高々と、それも「モーター」で振り回すのも一興である。或いは、見通しの良いポイントを探して車に機材を満載し、行ってみたら「入山禁止」。止むなく他のポイントに移ったら、これが案外「当たり」で、予想以上の戦果(って言い方もどうかと思うが・・・)を上げられたというのも、やはり一興ではある。
 一方、「交信」には余り意味はなく、専らゲジゲジとカラーコードと金属加工に興じる御仁には、上記のような部分への共感は少ないかも知れない。何やら怪しげな回路を組んで、ちょっとでも電波らしきものが出ればその晩の酒は美味いし、大きなケミコンを破裂させて家人に白い目で見られ、それでも休みは「引きこもり」の如く作業部屋から出てこない・・・家族の誹りは兎も角、これもまぁ一興ではある。

 同じ趣味でも楽しみ方は多彩だ。釣りで言えば、海と川、狙う魚で全く違ってくるし、ルアーの疑似餌やデコイを作る方が、釣るより楽しくなっちゃった人もいるだろう。ゴルフだって、道具に凝る人もいれば、和気藹々と「回る」ことが好きな御仁もいらっしゃる。スコアが150超えたって良いわけだ。

 アマチュア無線という趣味は、案外続けにくい趣味なのかも知れない。転居でマンションなどの共同住居の住まいとなり、多くの無線家がそれまでのような満足のいくアンテナを上げられなくなり、詰まらなくなってしまう。或いは、「無線ごっこ」に興じていた人が、携帯電話やインターネットがその代役たることを知れば、もう戻っては来ないだろう。
 しかし、中には「ちょっと落ち着いたし、もう一回始めてみっかな」と、物置や押し入れから古いRIGを引っ張り出し、昔の記憶と少しの「勘」でやり直そうとしていらっしゃると思う。マンションだって、工夫次第で「アンテナもどき」ぐらいは張れる。
 だからこそ、比較的条件に恵まれ、ずっとこの趣味を「ライフスタイル」の如く楽しんでこられた方々には、是非、こうした「復活組」を温かい目で見守って欲しいと、最近切に思うのである。

 オペレートは覚束ないかも知れない。ちょっとした聞き漏らしが「指定無視」で呼び出した格好になってしまうかも知れない。しかし、故意であるか否かは、きっと判るはずである。
 古いRIGや自作機でOn Airするのは、勇気が要るものである。最新の市販装置に負けないような性能、安定性を具現化できる「ウデ」のある人はほんの一握りだ。中和の仕方さえ忘れている。だから、変調が妙な具合になっているかも知れない。だから、多少周波数がずれているかも知れない。そんなときは、優しく教えてあげて欲しい。ゼロインばかりを強要せずにRITで追ってあげて欲しい。まさか、貴局の最新式リグにはもう、最新式故、RITは付いていないのだろうか

 アパマンハムとして復活し、しょぼいアンテナをベランダに張ったから言っているのではない。あちこちの交信を聞くに付け、「おいおい、そんな言い方あるかよ・・・」という場面に遭遇し、自分の価値観と違うばかりに「同士討ち」を繰り広げる「愚行」があまりにも多いことを憂うのである。
関連記事
Calendar
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
New !
Category
Comments
Monthly Archives
Track Backs
Counter
Sunspot Now !

 


Survey Results

 

Profile

どよよん無線技士

Author :どよよん無線技士
こおるさいん:JM1DPL

アパマンというハンデにさらにQRPまで課し、失敗連続のヘッポコリグや周辺機器の製作・・・趣味というより「荒行」か!?

メールは「JARL経由」でお願いします。

Links
Follow me !
RSS Links
QR Code
QR